2015-2016 テーマ: Healthy oceans, healthy planet

ニュース一覧

ocean-heart

6月8日は、ワールドオーシャンズデイ。
世界の海はつながっているので、
国を越えて、みんなで海のことを考えようという日。
2009年に国連で定められた世界の海の日です。

来年の世界共通のテーマが決まりました!

「Healthy oceans, healthy planet」

海は、地球にとってとても大切な存在です。
身体の一部に例えるなら、心臓のようなもの。
心臓が血液を巡らせるように、
海は、地球に、さまざまな恵みを生み出しています。

酸素を作り、多くの人々の食べものがあり、気候の調整をしてくれます。
ときには生き物の住処になり、
また、新しい薬が発見されることもあります。

海は、わたしたちをつなげています。

これから生まれてくる子どもたちや、この地球の未来を考えたとき、
私たちには、この海を守っていく責任があります。
地球が健康でいるためには、健康な海が必要だからです。

「Healthy oceans, healthy planet」

私たちは、一人一人が、海や大切な地域を守るために、
一歩を踏み出すことを応援しています。
地域のなかで、
健康な海のために出来るもっとも重要なことはなんですか?

来年、ワールドオーシャンズデイジャパン事務局は、
世界中で問題になっている
「プラスティックによる海の汚染」を考えて行きます。

どうして、健康な海が大切なのでしょうか?
ぜひ、みなさまの意見や考えをシェアしてください。

来年のワールドオーシャンズデイについて、
ご質問などございましたら、お気軽にお問合せください。