‘salary’の由来はなんと塩?!

ニュース一覧

 

 

私たちの生活に欠かせない塩。

BC1000年ころから食料の保存に必要だとわかり、塩は物々交換の対象となりました。
その後、古代ローマ時代にまでいくと、役人や軍人に対しての給料として塩が支給されていたそうなのです。チベットでも、13世紀頃に貨幣そのものとして使用されていたとの記述もあります。

そんな流れもあってか、英語で給料を示す「salary」は、ラテン語で塩を意味する「salarium」からきているそうですよ!

ちなみに写真はウユニ塩湖の塩の写真です。