【腰越・海の森】 アマモの植付けに実施協力しました

ニュース一覧

s_IMG_1654

鎌倉の腰越にある小動岬付近のアマモの植付けに参加!

アマモは、海の水質をきれいにしてくれて、
魚の赤ちゃんを育ててくれます。
腰越には、そんなアマモが昔はたくさんありました。
様々な原因で、今、減少している中、
底質調査を行った上で、新たなアマモを植え付けました。
※今回の植付けは、許可を取り、斉田浜(横須賀)より移植したものです。

●日時:2016年1月17日(日)9:00〜12:00
●場所:鎌倉市腰越地内海底(小動岬南方)
●共催:
ウエストビーチダイビングセンター
海をつくる会
・NPO法人ワールドオーシャンズデイ

●協力:腰越漁業協同組合
●植付け数:竹串143本(約700本)

同じ相模湾のアマモが今後どう育っていくのか、
今後も、定期的にモニタリングを行ってご報告します。

豊かな海を作るために必要なことはどんなことなのか。
もちろんアマモだけが救世主ではありません。
これからも勉強して、調査して、
そして地元の方々をはじめ、
たくさんの方とコミュニケーションを取りながら、
取り組みを進めていこうと考えています。

写真で見る植付けの様子

●同じ相模湾のアマモが生息する斉田浜(横須賀市)より、アマモを採取しました。
1月16日(土)実施(協力:海をつくる会)IMG_8423IMG_8444 (1)

●短時間でたくさんのアマモを採取できました。もちろんまだまだアマモは生息しています!IMG_8452 IMG_8456

●植付け場所の腰越漁港と小動岬(1月17日(日)実施)2016117_アマモ移植 腰越_22792016117_アマモ移植 腰越_9534

●東北や東京湾のアマモ育成も実施されている海をつくる会 ダイバーの皆さま(下)
2016117_アマモ移植 腰越_4735

●まずは、植付けるアマモがすぐ流されないよう、固定する竹串を準備します。2016117_アマモ移植 腰越_8462

●竹串へ5本ぐらいずつまとめていきます。(下)2016117_アマモ移植 腰越_8868

●143串、完成しました!!2016117_アマモ移植 腰越_7892

●植付け場所まで泳いでいきます。(下)2016117_アマモ移植 腰越_4399

●水温は13.5度。寒かったですが、海の中はとても透明度がよく綺麗でした。(下)s_IMG_1649

●よく見ると、、エイが隠れています(下)2016117_アマモ移植 腰越_5360

2016117_アマモ移植 腰越_2062

●今回植付けた場所を今後もモニタリングできるように、ロープを張ります。(下)s_IMG_1654

●ダイバーはアマモが流れないように1株ずつ固定していきます。s_IMG_1656

●今回、植付けたアマモです。s_IMG_1658

s_IMG_1662

ご協力いただいた方々、本当にありがとうございました。
今度このアマモが定着してくれることを祈っています!!

*この取組みは独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金企業協働プロジェクト(つり環境ビジョン助成)の助成金を受けて実施しています。