About World Oceans Day Japan

青い惑星と呼ばれる地球。
その青さの源は、地表の約70%を占める海です。
はるか遠い昔、この海から生命が生まれ、多くの生きものが進化を続け、今のような多様性に満ちた地球が誕生しました。
よくいわれることですが、海は生命の源であり、多くの生命を育んでいます。
しかも、世界中の海はすべてがつながっていて、昔から人は、海の道を利用して、人や物や情報といったさまざまなものを運んできました。

しかし、今、海には環境汚染や海洋資源の減少といった問題が持ち上がっています。
 
世界中の海がつながっているから世界中の人たちで海のことを考えよう−
1992年、ブラジルのリオデジャネイロで開かれた「環境と開発に関する国連会議」(地球サミット)で、
6月8日を「ワールドオーシャンズデイ(世界海洋デー)」とすることが提案されました。

それから、海が好きな人を中心に取組みが広がり、世界100カ国以上で、企業・NPO・団体などが中心となり、
海をテーマに様々なアクションが実施されています。

「ワールドオーシャンズデイ」は、誰でもどこでも行えるグローバルアクションです。
例えば、カナダアルバータ州の小学校では、子どもたちが学校全体で海の生物のオブシェを創り、同じくカナダのブリティッシュコロンビア州のバンクーバー水族館では、地域が一体となり、広大な海の大自然を感じるフェスティバルを開催しています。
また、オーストラリアでは世界の海はつながっていることを伝えるために、海の映像祭が開催されています。

海の環境を考えるには、まず実際に海を感じること、そして海にふれること、
そんなことから海の環境について考えるキッカケになればと、東京からアクセスがよく、多くの人たちに愛され続けている湘南での開催が2012年に決まりました。
その後、全国10カ所以上で、有志による「ワールドオーシャンズデイ」が実施されています。

あなたもできることからはじめませんか。

2017年 世界共通テーマ

 Our Oceans, Our Future

世界・日本での実施例

http://www.worldoceansday.jp/actions/

各種ツールのダウンロード

下記リンク先よりオフィシャルロゴなどの無料ダウンロードが可能です。
http://www.worldoceansday.jp/resources/